blog

2021-03-08 20:12:32

3月8日は何の日?から、地球環境まで。

今日は、3月8日、ミツバチの日だそう💡

 

 

我が家では、日々の栄養補給、体調管理に
蜂蜜🍯を2~3種類ストックして
毎日少しずつ食べています。

 

 

お肌の不調な時には
スペシャルケアとして、蜂蜜を使ったりします。

 

 

治療目的で使っているので
どんな環境で、どんな方法で採れた蜂蜜か?
はとても重要で

 

 

・ミツバチに人工的な餌を与えていない
・非加熱
・抗生剤不使用
・採蜜場のまわりの環境が汚染されていない
(農薬散布してない、遺伝子組み替え作物を作ってない、大気汚染、水質汚染がない)
・遠心分離してない
・BPAフリーの容器に入っている

 

 

この条件を満たす蜂蜜を
とても自分では探すことができないので
「買うことができる」だけで本当に
ありがたいなぁ💕と思っています。

 

 

今日が、ミツバチの日だと知り
特に衝撃だったのが

 

 

一匹のハチが一生かけて採る蜂蜜は、
たった5g。

500gの蜂蜜は、100匹のハチが
一生かかって集めた物!

 

という事実でした。

 

 

蜂蜜をとおして、たくさんの命を
頂いている、

 

栄養だけではなく、
パワーとエネルギーをもらっている、

 

ということに、
神聖さを感じ、厳かな気持ちになりました。

 

 

2006年に、
ミツバチが急にいなくなる現象がニュースになり
今もなお、
世界中でミツバチの数は減り続けているそうです。

 

 

ミツバチがいなくなったら、
蜂蜜が採れない、というだけではなく

 

 

ミツバチを媒介して命をつないでいる
たくさんの動植物が
死んでしまう・・・

 

ということを、リアルに考えさせられました。

 

 

安心安全な蜂蜜が採れる環境、

それは

ミツバチにとっても
安心安全な暮らしができる環境、

 

 

と思ったら

 

じゃぁ私はどうする??
って、しばし考えるよね。。。

 

(蜂蜜、これからも頂きたいです🙏
という気持ちがきっかけですが・・・汗)

 

 

ミツバチが生きられる環境のために
今すぐ個人でできることって

 

日々の生活、暮らしをどうするか、
何を食べ、何を使うか、
何を食べないで、何を使わないか、

 

 

そして、まずは環境に興味関心を持つこと、
知ることからだな💡
(知らないと、疑問も危機感もない!)

 

と思いました。

 

 

古代エジプトの医学書には
必ず処方に蜂蜜が書かれていたり

 

 

海外を拠点にトレーニングしている
プロスポーツ選手に
その国の政府から蜂蜜が贈呈されたり

 

 

本物の蜂蜜は
すごいパワーをもっていて

 

 

それは薬やお金にも匹敵するような、
すばらしい自然の恵み、ということの表れだと思います。

 

 

私も蜂蜜に救われた一人です。

 

 

安心安全で、すばらしい効果効能をもつ蜂蜜を
これからも食べたい、がきっかけだったけど

 


そろそろ、目を覚ませ、って言われたような

そんな気がします。

 

 

スプーン1さじの、蜂蜜のありがたさを
もっと噛み締めて、大切に頂きます🙏✨