blog

2021-08-22 22:30:00

心の不調の治し方

7D3375BC-DF40-45B1-8836-E8E3AC75CF8A.jpg
こんばんは。
今日は、心の不調に関する症例をご紹介します。
パニック障害、不安障害の発作が
1ヶ月前から出なくなり
薬を飲まなくても
日常生活ができるようになりました
先日の栄養相談に見えた方のケースです。
心の不調て
色々原因はあると思うのですが
体に原因がある、っていう場合が
ほとんどです。
(体に原因がない、ことが、ほぼ無い)
これは精神科で患者さんをみてきた時も
非常に強く感じたことの一つでした。
精神科で採血をして、栄養の過不足や
代謝障害が判明するのはよくあるパターン。
救急外来に搬送されてくる
発作を起こした精神科患者さんも
まず、やることは一択、
水と塩、または低血糖の補正。
いきなり向精神薬なんか使わないですね。
体の原因て
睡眠不足、疲労が溜まっている、運動不足
栄養不足、代謝の低下、免疫力の低下
電磁波の影響、肌の状態、腸内環境etc
たとえば、そんなこと
心と体は繋がっているから
体からのアプローチは
すごーく、重要で効果的だと思います。
今回も、改めて感じたケースでした。
心の不調というと、
カウンセリングや精神科の投薬で
または内観したり、セラピーをうけて
傷を癒やしていくことが…と
思う方もいるかもしれないですが
当院では、栄養状態を整えること
体を整えること
が出来てから、初めて内面のことに取り組む
という順番を取らせていただいております。
理由は、
内観したり、セラピーを受ける、ということは
とてもエネルギーのいることなので
体力、栄養状態、整っていないと
治療のプロセスが進まないためです。
パルクールのプロ選手
⁡も言ってるのは
『体が自由になる程、人生が自由になる』
(脱線+個人的な趣向ですみません)
話を戻して
心の不調にまつわる栄養
決め手の一つは【塩の摂り方】
講座では
〇〇を食べてる人がよくなる不調、とか
姿勢や表情、体の特徴から
栄養の過不足を知る観方、などもお伝えしています
#聞かれた時のオプション
みたいな感じですが笑
江戸時代から顔を見れば何を食べてるかは
わかってたらしいですよ。
しかも、食べているものが運気まで作用する、と言っています。
(気になる方は水野南北参照)
(つまり食べ方で波動や運気までコントロールできる、てこと)
うちの場合は実例の統計データによる…
→ほかの治療家や医師、コーチとも話して
多角的にみて意見が一致している部分を
講座ではお伝えしています。
机上の空論を言わない、という
ポリシーを、持って仕事しております。
自分が再現できないこと、人にやってください、て
言えないから🤣
5.67のことでつくづく思うけど
大切なことは、
自分の体を感じるセンスだな、て。
それ、本当?嘘?
すべての答えは自分の体に現れる事実でしか
測れないです。
しかも、結果が出るのは早くて5年後。
だから、信じない人は信じてくれなくて
全然いいんだけど
思っていたよりも早く
何が本当だったのか、が
結果として現れる世界になってる気がします。
#みんな自分の正しさを生きている
#正解は人の数だけある
大切にしていることは
・経験して実証できたこと
・誰でも再現性があること
・リアリティ
水塩不足は、五感センサーが機能停止するから
要注意です…
何か特効薬みたいものや、
1つのビックアクションで結果をだす、的な
夢みたいなことを望む方には
あまりお役に立てないけど
誰でも出来るような小さなことの
積み重ねが
一番確実に、リバウンドせず
人生をより良くしていくコツだと思います。
幸せの原因の一つが
食べてる物、てこと
たくさんの人に伝えていきたいです。
必要な方に届きますように。
#原因と結果の法則