blog

2021-08-19 22:30:00

子どもの便秘のご相談

こんばんは。

 

今日は、ケースの紹介です。

直近3ヶ月で続けて、小さなお子さんの便秘の相談が続けてありました。

 

お子さんの便秘、なるべく自然な形で対応したいですよね。

 

 

小さなお子さんの便秘の原因には、色々ありますが、カウンセリングの時に必ずお聞きしている項目に

 

●在胎週数

●出生時の体重

●妊娠中のお母さんの体調やトラブルの有無

●妊娠中にお母さんがよく食べていたものなど

●出血量

●母乳orミルクor混合

●赤ちゃんに医師から指摘事項の有無

●離乳食の開始時期、その内容

 

などをお聞きしています。

 

 

なぜか???

 

 

排便に大きく関係する、「赤ちゃんの腸内環境」が、在胎週数や、妊娠中のお母さんの食事内容などによって、影響するからです。

 

 

というと、びっくりされることも多いですが、事実として大切なデータになります。(そういった理由で、中高生のご相談でも、母子手帳を持って来ていただくこともあります。)

 

 

じゃあ、妊娠中の影響がずっと続くの?というと、そうでもなくて、月齢が進んでいったら、食事やその他の環境によって変わります。つまり、後天的に改善していくことが十分可能です^^ ご安心ください。

 

 

まだ月齢の小さなお子さんですと、離乳食のメニューの選び方から早速、腸内環境対策をしていけるので、月齢や年齢に合わせたアドバイスになります。

 

 

 

 

今回続けて来院されたのは、2歳〜4歳の、離乳食は完了しているお子さんのご相談でした。

 

小児用の慢性便秘薬(医師の処方)を毎日服用していて、それでもスムーズな排便が難しく、中には痛みのあまり、泣き叫びながら排便をする、というお子さんもいました。お母さんの気持ちを想像すると、とても苦しくて胸が痛みます。

 

食事内容を拝見すると、バランスを考えて、腸内環境にも良い、子供が食べてくれるメニューを工夫している様子がヒシヒシと伝わってきました。また別のお子さんでは、絶賛イヤイヤ期で、頑張ってお料理しても投げる、食べない、好きなものだけ食べる、ムラがあり、お母さんがメンタル崩壊寸前、というようなケースもありました。

 

全部は、書ききれないですが、子供たちも、お母さんも、めちゃくちゃ頑張っているのに、薬を飲んでるのに、ウンチで奮闘している様子が伺えました。

 

 

小さなお子さんの治療の場合、一番大切なことは、お母さんが安心していられること、と当院では考えています。

 

生まれて、個体としては母と子で離れても、エネルギー的にはまだ繋がっている時期だったりするので、お母さんの心配やストレスを、子供たちは敏感に察知しています。

 

お母さんが安心してリラックスしていることが、子供たちの安心=自律神経のバランスを整える、ことにも繋がっていると考えています。

 

 

子供の便秘の対応について、ハウツーは色々ありますが、お話をしていく中で、お母さんが大切にしていること、心配に思っていることをヒアリングして、なるべく負担が少なく、安心して取り組める方法をご提案していきます。

 

また、病院のお薬については、主治医と相談しながら離脱してくことをおすすめしています。なるべくお薬をやめたいのは、誰もが願うところですが、無理に自己判断で中止してしまうのは、医師との関係を壊してしまう可能性もあります。主治医と良好な関係を維持していくことは、今後のためにも、とても大切なことだと思うからです。

 

 

そういった理由で、ご提案内容や、進め方は個別に違いますが、ご相談にみえたお子さん、全員、排便のお悩みがきれいに解消し、便秘のお薬も離脱しました。おめでとうございます。

 

腸内環境というのは、指紋の数ほどある、と言われており、些細なことで影響を受けるし、今後も継続して取り組みをしてくことは必須です。

 

しかし、親子ともに排便に関するストレスが減る、というのは、生活そのものに非常に大きく影響すると思います。

 

実際、私自身、子供の頃は便秘常習で、トイレに長いこと座って唸っていたり、排便のリズムが整わなかったこと、小学校以降は、学校のトイレでできず、タイミングを逃して常に便秘、高校の時は、あまりの強いお腹のハリに保健室にかけこむくらい、ひどい便秘とガス腹でした。もし、小さな頃から腸内環境が整っていたら、もう少し勉強も運動もできたかもしれないなーって思うことがあります。

 

30歳を過ぎてから取り組み始めても、目覚ましい変化を遂げて、今は理想的な排便習慣ができているので、何歳から取り組み始めても、遅い、ということはありませんが

 

もしお子さんの排便のことでお悩みや懸念事項があるとしたら、早めに対策をされることをお勧めします。

 

ユニセフの統計でも、子供のときに何を食べたか、が、生涯年収まで決めている、というデータが出ています。

排便についての統計は調べてないのでわかりませんが、食べることと出すことはセットなので、関係あるんじゃないかなーて個人的には思っております。

 

 

参考までに、お子さんに使っていただいたものの一部をご紹介すると

 

・マザーミネラル

・マザーソルト 

・ココナッツオイル

・食べる炭

・はちみつ

・オリゴ糖

 

を、使って、おやつ、ご飯にうまく取り入れていただくようにしました。

 

 

また、食べ物としては、いまの季節はスーパーでも買える「梨」がおすすめです。

特に、離乳食ですりおろし梨など、簡単で美味しいので、ぜひお試しください。

排便という視点でみると、りんごではなく、圧倒的に「梨」の勝利、です。

 

食物繊維の取り方については、誤解されている方も多いので、個別でお問い合わせください。

(繊維の取り過ぎは、便秘の原因になっていることが結構あります)

 

 

すべての子どもたちに、すこやかな排便習慣ができることを願っています。

 

2021-08-18 22:30:00

成長する前には、必ず「タメ」がある

今日は、息子と遊んでいて気づいたことをシェアします♩

 

きっかけは、浜あそび。

LEDKViMZSiGGqzKJNQSskw.jpg

 

 

天気が雨でなければ、ほぼ毎日海に行きます。

目的は、アーシングと気分転換と、散歩。

 

でも、息子氏は、抱っこから降りないです😅

もっと小さい時から、ずっとそう。

 

足に砂や水がつくのが嫌。

服に砂がつくのが嫌。

 

おかげで、「絶対に砂浜に降りない」意思から、おさるさんみたいに、しがみついて、内転筋をしめて、足をからませて、よじ登る力はついた。笑

 

夏になって、保育園の水遊びも、慣れるのに時間がかかったし

 

毎日散歩で海に行っても、絶対降りない日がつづいていて

 

お盆休みも、ずっとグズグズ祭りで、かーさんはヘトヘトだったけど

 

グズグズが落ち着いたら、突如として、全身を砂にまみれて遊ぶようになり

 

波打ち際で、膝がつかるくらいの深さで、じゃぶじゃぶ波と戯れて遊ぶようになり

 

本当にびっくりしました。

 

今回のグズグズは、いつになく長くて、私のほうが心折れそうだったけど

 

大きく成長して、新しいチャレンジを楽しむ息子をみて、思った。

 

そうだね、成長する前って、ぐっとしゃがんで踏み込んでグズグズする時期って、あるよね、って。

 

わかってはいるつもりなんだけど、渦中にいると、つい、目先のことに囚われて焦ったり、イライラしたりしてしまいがち。

 

そんな時は、

 

#インパチェス を飲んで

#ウォルナット も使います。

 

 

最近気付いた、ウォルナットの新しい使い方は

 

「まわりからの影響から身を守る」のではなくて

「まわりに自分を影響させない」と意図して使う方法。

 

子育てには、たとえばこんな風に使います。

 

できるのか、できないのか、わからずに つい子どもが一人で靴を履くのを、待てずに、手を出してしまいたくなる。

 

毎回は無理かもしれないけど、時間の許す限り見守りたいですね。

そんな時、ウォルナットの出番。

 

レメディに限らずですが、「どう意図するか?」によって、効き方かわります。

 

つまり、望む未来を自分で創造できる、ってこと。ただ飲むだけで!

 

すごいよね、バッチ先生。

 

途中から脱線してしまったけど、\まとめ/

 

飛躍する前、成長する前には、必ずグズグズ期間があるー♩

だから安心して、グズグズしようね。

 

そして、子供のグズグズに手をだしてしまいたくなる時は、ウォルナット。

イライラして待てない時は、インパチェンス。

 

#よく使う日常レメディ #基本の7本

 

2021-08-16 22:30:00

最近のお気に入り

こんにちは。

毎日ジメジメしたお天気が続いていますが、体調はいかがですか?

 

今日は、最近のお気に入りをシェアします♩

 

9119E7D9-EF3A-42E5-BA84-AB76B7FBA436.jpg

 

ジャーン、泡風呂。

 

今年に入ってからやっと、患者さんにも自信をもってお勧めできる日用品メーカーと縁をいただき、すこしずつファンが増えています。

 

この泡風呂は、オーガニックで安心安全なことはもちろん

 

・新生児の沐浴からOK

・子どもが喜んでお風呂に入る

・泡がきめ細やかに立つ、長持ちする

・ボディソープとして使ってもOK

・やさしい香り

・お風呂が汚れない=掃除がラク

 

という点がお気に入りです。

 

毎日使っていて気づいたのは、体調によって泡の消え方が違う!ていうこと。

疲れているとき、毒素がでているとき、泡が減るのが早い😂

 

目で見て、体調を測るバロメーターになっています。

気分もあがるし、風呂掃除がラクで時短になるし、ママたちに是非使ってほしいアイテムです❤️

 

お風呂をいやがるキッズたちが、喜んでお風呂に入ってくれるー

というお声もいただいています。

 

あと、ここには書けない裏技的な使い方もあります。

ご興味ある方、こっそり聞いてください😋

 

ではでは!

 

#BPAフリー #使うだけで排水溝も地球もきれいになる #気分も上々

2021-08-04 16:08:00

至福の時間

AD0BF7AE-B045-4B96-BE6A-752F1CCF3306.jpegCF005F43-4119-4B9D-94FE-4907B3B35A7D.jpeg

 

 

素敵なノートが届いて嬉しい♩

私、小さな頃から文房具が好きです。

(勉強は苦手でした)

 

毎日、ノートを書いていて

書き心地や使いやすさは

書く内容にも影響するなーと感じています。

 

#トラベラーズノート は

旅先で手にしてから、気に入って

大切にしてきました。

 

(大切に、引き出しにしまっていました)

 

手にとるたび、

その時の大切な思い出と感情

決めたことを思い出します

 

 

だから、毎日

その時のことを思い出したら

 

もっと良いアイデアが出てきたり

もっと仕事もできそうな気がして

 

活用法を考えていて

#感謝ノート を

トラベラーズノートでやってみることに

しました。

 

 

私の人生、大きく変わり始めた

きっかけでした

 

 

忙しさにかまけて

少し疎かになると

まぁーーわかりやすく変化するから

 

...少しの時差とともに

 

やっぱり、これは

どんな仕事をして

どう生きていくにしても

 

土台なんだ、て、わかりました❤️

 

 

トラベラーズノートで

こんなに素敵な柄があるの

知らなかったです♩

 

これから、使うのが楽しみ!

 

 

ラデスペリデさんで購入できます^^

  

 

 

 

2021-08-01 10:30:00

米粉パンのシェア会、好評でした♩

先日、7月30日に米粉パンのシェア会をしました。

急遽のお知らせでしたが、参加していただいた方、ありがとうございました^^

 

今年の春から、オンラインの講座オンリーになっていたので、久しぶりのリアル開催で、少しドキドキしながら準備しました。でも、講座というよりお茶会要素強めだったこともあり、リラックスして、色々お話ができて、私も楽しかったです。

 

今回は、米粉の食パンを試食していただきました。肝心の写真撮るの忘れた・・・(食べる方に意識がいってて)

 

グラスフェッドバターと、黒糖シロップ添加物なしを準備したけど、何もつけなくて、パンだけでも十分美味しかったです!

 

9ヶ月のベビーちゃんも一緒に来てくれて、美味しそうに食べていました。米粉で、卵や乳製品なども一才使っていないので、安心してあげられますよね。

 

 

次回は8月7日(土)10:50-11:50

微妙な時間ですが、施術の合間をぬって開催します。あと残り1席です。よかったらどうぞ!

 

次回はフランスパンのシェアになります。

 

・・・

 

小麦に関しては、実際の患者さんの症例も本当にたくさんあり、内容も盛りだくさんでで、予定していたコーヒーの話までは辿り着きませんでした。

(なんでも詰め込みたくなる、悪い癖・・・)

 

さらっとはお伝えしましたが、コーヒーの話は、また別の機会にしたいと思います。

 

・・・

 

具体的には、どのような話だったか?というと、

 

・なぜ小麦を食べると、もっと食べたくなるのか?

・なぜ、特にパンなのか?

・GFCFって?

・小麦を食べた時に、具体的に体の中では何が起きているの?

・パンをよく食べる人がなりやすい症状や病気は?

・パンで太る、浮腫む理由

・どうやって小麦から離脱していくの?

 

といった内容でした。

 

小麦製品って、美味しいですよね。

パンも、麺も、お菓子も、粉物も、醤油などの調味料にだって入っている。

 

完全に除去するのは、大変かもしれないけど、より健康に、より美しく、よりメンタルもしなやかに、より疲れにくく、より本来のパフォーマンスを発揮して、病気になりにくい、治りやすい、より治療や食事の効果をあげたい、という気持ちがもし少しでもあったら、取り組んでみる価値はあると思います。

 

私自身、20代の頃の小麦依存生活から脱出するのに、何年もかかったけど、取り組んでみて、人生変わりました^^

 

・・・

 

今回は、セラピスト繋がりで、私たち夫婦も時々メンテナンスでお世話になっている、わららかの薮野さんにもお越しいただきました。

 

また少し、違った視点で小麦の影響(具体的にどこの臓器が傷んでくるか、など)や、症例のシェアもしていただき、面白かったです。なかなか、いつでも会えるわけではないので、今回ご一緒できた方はラッキーだったかも!

 

次回は、どんな回になるのかなぁ、楽しみです。

 

参加希望の方は、メールまたは公式ラインからご連絡ください。

今回のシェア会は、増田治療室の患者さん限定で募集しています。

 

それでは、良い1日を!

 

1 2 3 4 5 6